pet検査とは 精度

PET検査とは?PET検査の精度について

「PET検査」とは、がんを発見するための検査方法の1つです。

 

従来のレントゲンやCT、MRIによるがん検査は、「造形」からがんを見つけていました。つまり、まだ形になっていない初期のがんは発見することができずにいのです。そこで登場したのが「PET検査」というわけです。

 

PET検査とは具体的にどのようなものなのか、どうやってがんを見つけるのか、詳しく見ていきたいと思います。

 

PET検査では、レントゲンには写らないようなまだ初期のがん細胞を見つけることができます。実はがん細胞は、通常の細胞よりも「3〜8倍の量のブドウ糖を取り込む」という性質があるのです。

 

PET検査はこの「がん細胞の性質」に着目した、最新の検査方法ということになります。
最近では、人間ドックなどでもPET検査を扱う医療機関が増えてきました。

 

がんの治療には早期発見が何よりも重要だということは、すでにご存じだと思います。

 

そんな「がんの早期発見」を可能にしたPET検査ですが、
残念ながらすべてのがんを発見することはできません。

 

のどの粘膜にできるようながんは、どうしても発見が難しいのです。
それでも、PET検査で見つかるがんは悪性のものに限ります。

 

良性のものは「ブドウ糖をたくさん取り込む」という性質は持ち合わせていません。
そのため、PET検査で見つかるがんは、すべて早期治療が大切になります。

 

従来のがん検査でがんが発見されなくても、もしかしたらがんが見つかるということもあるのです。

 

人間ドックを受けるときなど、定期的にPET検査を受けてみることをおすすめします。
次のページでは、東京でも評判の良いPET検査についてご紹介します。

 

東京で評判の良いPET検査「日本医科大学健診医療センター」について