pet検査でわかること がん

PET検査でわかることとは…「がん」

少し前までは限られた施設でしか受けることができなかった「PET検査」ですが、最近では多くの医療機関で受けられるようになりました。

 

人間ドックなどでPET検査を取り入れているところも増えてきました。今、もっとも注目を浴びているといっても過言ではない「PET検査」ですが、具体的にはどんなことが分かるのでしょうか。

 

PET検査で分かること、それはずばり「がん」です。がんは、日本の死亡率上位に入る恐ろしい病気です。

 

初期のがんなら手術や薬で除去することができますが、進行してしまったらどうすることもできないのが現状です。つまり、がんは「早期発見」が何よりも大切なのです。

 

PET検査は、がん細胞が通常細胞よりもブドウ糖をたくさん取り込む」という性質を利用して
がん細胞を発見する検査方法です。

 

砂糖水に似た特殊な検査薬を体内に点滴で投与することで、
「がん細胞に目印」をつけておきます。

 

そのあと専用の装置で体を撮影すると、ブドウ糖を大量に取り込んだ細胞、
すなわちがん細胞を見つけることができる、というわけです。

 

今までのがん検査は、レントゲンやMRI、CTによるものでした。

 

この検査方法は「がんの造形」を見つけるため、
ある程度まで進行していないと見つけられないというデメリットがありました。

 

PET検査では、従来の検査では発見できなかった
小さな初期のがん細胞まで発見することが可能になったのです。

 

次のページでは、東京でも評判の良いPET検査についてご紹介します。

 

東京で評判の良いPET検査「日本医科大学健診医療センター」について