pet検査 副作用

PET検査に副作用はあるのか?

最新のがん検査である「PET検査」、受けたことのある人もいるのではないでしょうか。最近では多くの医療機関でもPET検査を取り入れていますよね。

 

「PET検査」は、今までの検査では見つけることができなかった小さな初期のがんまで発見することができます。

 

それは、がん細胞が通常細胞よりも「ブドウ糖を多く取り込む」性質を持っているからです。この性質を利用して、がん細胞をみつけることができる、というわけです。

 

では、「PET検査」には何か副作用はあるのでしょうか。
今回は、「PET検査と副作用」についてお話ししたいと思います。

 

PET検査は、砂糖水のような特殊な検査薬を点滴で体内に投与し、
各細胞のブドウ糖の取り込み具合を見ます。

 

ここでブドウ糖をたくさん取り込んでいる細胞があったら、
それが「がん細胞」だということなのです。

 

体内に投与する検査薬は砂糖水のようなものなので、
この検査薬自体に副作用はほとんどありません。

 

まれに気分不快・発熱・血圧低下などの症状を訴える人がいるようですが、
重篤な副作用は認められていませんので安心してください。

 

しかし、PET検査に用いるFDGは、わずかながら放射線を放出します。

 

つまり、「被爆」するのです。被爆といってもごくわずかで、
人体に影響を与えるほどではありません。

 

一般的なレントゲンと同じようなイメージでいれば良いと思います。
それでも被爆することに変わりはないので、妊娠中の人はPET検査を受けることはできません。

 

授乳中の人は検査そのものは受けられますが、
検査後24時間は授乳することができなくなるので注意してください。
PET検査に、この「わずかな被爆」以外に気になる副作用はありません。

 

次のページでは、東京でも評判の良いPET検査についてご紹介します。

 

東京で評判の良いPET検査「日本医科大学健診医療センター」について