pet検査費用 保険適用

PET検査の費用、保険は適用されるか

初期のがん細胞を発見することができる最新の検査、「PET検査」を聞いたことがあるでしょうか。今まで、がんを発見するために用いられてきたのはレントゲンやMRI、CTなどの検査です。

 

これらの検査では、「造形」からがんを見つけることができます。しかし、ごく初期である小さながんは発見することができずにいました。

 

そこで「PET検査」の登場です。

 

PET検査では、「がん細胞は通常の細胞よりもブドウ糖をたくさん取り込む」という性質を利用してがん細胞を発見します。

 

PET検査は、「どのような目的で」行うのかによって自己負担額がかなり変わってくる、
というのを知っていますか?

 

人間ドックなど健康診断としてPET検査を受ける場合、健康保険は適用されません。
通常の人間ドックが全額自己負担なのと同じです。

 

しかし、もともとがんを患っている人が「がんが転移していないか」を調べる際に
PET検査を行うときは、保険が適用となる場合が多いです。

 

今まではほとんどが保険適用外だったのですが、
平成22年4月から早期の胃ガンを除くすべてのがんに保険が適用となりました。

 

保険の適用範囲が広がったことは、とてもありがたいことですね。
しかし、腫瘍が悪性か良性かを調べるために行う場合は保険の適用外となりますので注意してください。

 

保険の適用範囲が広がったとは言っても、
「検査目的」でのPET検査はすべて保険の適用外となります。

 

全身を調べるスタンダードなPET検査で、自己負担額は10万円前後、
保険が適用となる場合で2万円〜3万円であることが多いようです。

 

次のページでは、東京でも評判の良いPET検査についてご紹介します。

 

東京で評判の良いPET検査「日本医科大学健診医療センター」について